基本、監査法人では仕事を割り当てられた際には前期調書等を参考にして今までやったことない業務をしたりすることが多い。

なので、よく事業会社とかでは教育係の先輩とかいたりするけど、監査法人では自分から積極的に聞きに行かないと誰も気にしてくれない。

誰が何に詳しいのか、誰がなんの作業をしているのかをちゃんと把握してる人はほとんどいないと思う。

自分で欲しい情報は自分の足で駈けずり回って探す必要がある。

なので自分のように、忙しそうにしてる人に質問とかするのを躊躇すると成果物が出来上がるのが遅れて面倒なことになってしまう。

監査法人はある意味個人主義。

やったことない業務を振られたら、前期調書参考にして、詳しそうな人に聞いて、いろんな手段で成果物を仕上げる。

それができてないです。自分。