いや~、USCPAの形式などが変わっていく中でこのブログの更新も久々になりました。

で、今でもやはり監査法人は好景気ということもあってブイブイいわしてますし、USCPAの需要というのも相変わらずそれなりに多いです。

なので、今回は規模に関わらず監査法人などでUSCPAにどういう業務を任されるのかなど英語を中心に結び付けて紹介したいと思います。

やはり一番USCPAに期待されるのは英語力

日本の会計士試験とUSCPAの試験内容で大きく異なるのは「難易度」なんですが、それよりもパッと見で明らかに違うことありますよね?

それは、英語かそうでないかです(当たり前じゃボケ!←自分へのツッコミ)。

現在の日本はグローバル化で先進国としてもやはり英語力を全体的に底上げしていこうという国の風潮は変わらないですが、でもやっぱりすぐに楽天などのようにほぼすべての社員全員英語を使うようにはまだまだならないんですよね。

JCPAの人たちも、昔に比べると英会話教室に業務後に通ったり法人で提供している英語研修を受けたりと意識が高くなっていますけどやはりここぞという時に頼りにされるのは英語で問題を解いて試験に受かった我々USCPA。

これはUSCPAが少しずつ業界で認知されるようになった今でも昔でもほとんど変わらないです。

特に、中小の監査法人だとUSCPAの人が中途入社したりすると一気にほぼ全社員に知れ渡ることになります(自分がそうでした(笑))。

「○○さんってUSなんですね!」なんて。

まあ、これが皮肉か尊敬の念から出てきているのかは知りませんが・・・。

だから、クライアントが海外と関係を持ったりすると英文資料の翻訳を求められることもありますし海外と連携して監査をする場合などは英文で調書作成する必要もあるので当然ながらUSCPAが国際案件にアサインされることが多いです。

それは、自分たちが構成単位の監査人(子会社担当)であってもグループ監査人(親会社担当)でも両方の立場でそれぞれ違った場面で英語を頻繁に駆使することになります。

また、場合によっては海外の提携事務所にいってそこの外国人の人たちと一緒に調書作成をすることもあるのでその場合はインチャージを除くスタッフのほとんどがUSCPAだったりすることもあります。

そしてその逆もしかりで、海外事務所の人員が日本にやってきて一緒に作業することもあるのでその場合も必ずUSCPAが複数そのジョブにアサインされることになるのです。

なので、ある意味USCPAというのは日本で働く場合は純粋な監査人というよりかは「海外と日本のスタッフのコーディネーター」という見方もできます。

USCPAの場合は能力が会計知識だけでなくビジネス全般や英語など分散しているところが多いので、どれを強みにして監査法人やその他の企業でやっていくかが結構重要だったりします。

でも、英語全く使わずにJCPAと同じ会計知識を求められることも多々ある

ただ、「USCPAは英語力を期待されているから多少会計知識がなくても良い」というわけではないということで警告をしたいです。

クライアントからしたら、USCPAだろうがJCPAだろうがお構いなしなのでUSCPAがJCPAよりもかなり会計知識面でのスタートダッシュが遅れているのは事実ですが、その何倍も勉強してJCPAと同等ぐらいになるぐらいの気概で普段の努力や勉強をしないと会計士として活動していることが本末転倒状態になってしまいますのでご注意を・・・。

USCPAだからといって、簡単に「通訳やって」とか言わないで・・・

で、ちょっと話はそれましたがやはりUSCPAに求められるスキルや業務は「英語関連が中心」ということに間違いはないです。

でも、自分も経験があるのですが「USCPAだよね。英語も喋れるんだよね。じゃあこのミーテイングの時に通訳お願いね♪」

なんてパートナーやインチャージの人から気軽に言われるとちょっと殺意をおぼえます(笑)

英語ができるからって、イコール通訳できるわけじゃないんだよ!

こんな風に思っている通訳関係者は沢山いるんじゃないでしょうか。

一つ言えることは、「ただの英語要因にはならずに他の強みも身につけろ!」

上記のように、「USCPAだからこれやっといて~」と本来USCPAだけしかできない仕事ではないことも期待されたりすることもあります。

通訳とかは、英語ができるだけじゃなく実際やってみるとわかりますけどその人自身の会話の理解力や話している内容の専門知識などもそもそも日本語でわからないものを通訳できるはずもないですよね。

だからこそ、英語が絡む場面でしか使えない人という印象を払拭するためにJCPAに負けないくらいの会計知識やその他のスペックを身につけようというのがこれからの生き残りに重要なマインドだと強く信じています。

ま、監査法人に入所して最初の年はそんなことを考える余裕もないと思いますが周りからは「英語案件の業務はできて当たり前。他のJCPAと同じ業務は・・・できなければマイナス評価」という風潮がありますのでUSCPAという抜け道をくぐって監査法人に入ったらできる限り通常の業務に加えて自己研鑽を続けていきましょう。

以上です!

【スポンサードリンク】