待ってくれ~、もう俺のことが好きじゃないの?みんな俺のことを流行遅れだなんてバカにするし、ダサいなんて言うし、君もやっぱりスマートなやつが好きなのか??ひどいよ~!嫌なところがあったら直すから~!

こんばんは、紙調書です。

監査法人にもよりますが、最近では監査調書はエクセル等のデータ上で作成してそれを法人専用の監査システム上にアップロードして完結というのが主流になってきています。

そのため、昔のように紙に鉛筆で書き込んで調書を作成するという面倒なことをする割合はかなり少なくなってきています。

ただ、やはり調書のデータ化が進んでいるのはBig4で、中小の監査法人だとエクセルなどで作成するのですが、最終的には作成した調書をプリント

アウトして調書化して紙ベースで保管をすることが多いです。

逆に、今の法人ではエクセルやワードで作成した調書はすべて専用の監査システム上にアップロードしてサインも自分の名前をシステム上に登録するだけで成果物として完了するため、紙として保管することが少ないです。

なので、法人によって先輩や上司にレビューしてもらう流れも違ってきます。

中堅監査法人時代は、自分が調書をエクセル等で作成して、それをプリントアウトして紙ベースで上司にレビューしてもらうという流れになります。

この場合だと、レビューしてもらってダメ出しが入る度にプリントアウトしなきゃいけないから結構手間なんですよね~。

それに対して、今の法人では基本プリントアウトすることはないのでレビューしてもらう時は作成したエクセルの調書をデータでそのまま上司に見てもらうことになります。

そして、レビューコメント(ダメ出しのことです)もエクセルやワードのコメント機能でコメントしてもらうことになることが多いので、結構効率的なレビューの流れになります。

っていうか、そもそも中堅監査法人時代もエクセルで調書作成が完了した段階でレビューしてもらうこともできるのに、みんな紙ベースでレビューしたがるんですよね・・その法人の体質ってやつですかね・・。

ただまあ、調書の完全データ化が進んでいるといっても、どうしても紙ベースで調書を作成しないといけない場面もあるわけなので、紙調書がなくなることはこの先ないと思いますね。

代表的な例としては、内部統制監査です。

内部統制監査では、クライアントから紙ベースでもらった資料に直接書き込んで調書を作成することになることが多いので、必然的に紙調書が最終成果物になります。

とはいえ、今の法人に入ってからはデータで完結することがほとんどなのは事実なので、「さすが大手は進んでいるな~」と入社した時に関心したのを今でも覚えています。

それにしても、PCがない頃の監査って全部紙ベースで調書を作成していたらしいので、それを想像すると会計士になりたくなくなりそうですね(笑)
あの膨大な量の数字とかを自分の手で書いたり、表も自分で描いたりしなきゃいけないんですから、昔の会計監査を経験した人には脱帽です。

腱鞘炎にでもなってしまいそうですね(笑)