監査法人、入ってしまえばこっちのもの!?

USCPAとして監査法人に転職する際に、監査法人側ではUSCPA取得者に対してビジネスレベルで使える英語力を求めるケースは結構多いです。

しかし、USCPAに合格したからといって、英語力が抜群がと言われたら、多くの人がそれほどでもないと答える人が多いかと思います。

USCPAの試験ではMultiple ChoiceとSimulation、BECでのみWritten Communicationが主題されますので、基本的には英文読解と基本的な英作文さえ習得していればUSCPAに合格することができます。

なので、「読み書きはできるけど英会話となるとな~」という人が多いのではないでしょうか。

しかし、監査法人側では英語力をUSCPAに期待している面が大きいにも関わらず、多くの監査法人は英語面接というのを実施していません。

自分も中堅監査法人の時は英語面接はありましたが、Big4に転職する際はすべて日本語面接でした。

もちろん、Big4の中でも英語面接を実施するところもありますが、ない法人がやはり多いです。

自分のいた中堅監査法人はクロスボーダー案件を抱えていたので、英会話力を必須としていたんでしょうね。

でも、他の中堅監査法人でも英語面接を実施ししているところは少ないと思います。

理由としては、やはりそもそも英語で面接ができる面接官がなかなかいないことじゃないでしょうか。

外国人パートナーがいるところとかは別ですが、まだまだ多くの監査法人では英語が堪能な面接担当者がいないからというのが自分の推測です。

なので、英会話ができなくても監査法人に入ることは全然できると思います。

でも、面接で英語力について大げさにアピールしても実際の現場に入ったらどうすんだ?」ってな風に思う方もいるかもしれませんが、そこはそれでいいんじゃないでしょうか(笑)

実際にパートナーに面接で英語力を期待されて採用されたにも関わらず、現場に配属になるとそんなに英語を使わない、さらに英会話に至ってはほとんどする機会がないなんてことは今の自分の職場でも起こっています。

まあ、英文を読むのはUSCPAの人たちは全くできないってことはないでしょうから、英会話に関してはハッキリいって「入ってしまえばこっちのもの」です。

仮に、実際に英会話に自信はないけどTOEIC等で英語力をアピールして面接を突破して、実際の配属先でも英会話する機会があるとしましょう。
そしたら、業務をしながら必死で英会話を身につけていけばいいと思うんですよね。

特にBig4の場合、中途で入所した人がUSCPAかどうかなんていちいち聞かれないですし、英語ができるかどうかなんて把握していません。
ここがパートナーと現場の間での認識不足が起こるわけです。

自分も、今の現場では自分のことをUSCPAで海外大学卒業ということを知らない人もたくさんいますし、あえて自分からいうようなこともしません。
もし英語が必要な仕事が割り振られたら、ただ黙々とやるだけです。

なので、英語面接がある監査法人はそれ専用の対策をしなければ厳しいので避けるのも一つの案です。

転職エージェントなら、紹介された案件の監査法人が英語面接があるかどうかは把握しているので、ないところを応募してあえて英語力をアピールしてなんとか潜り込みましょう。

万が一、実際に現場に配属されて英語が全然話せないということがわかっても、この業界は投資銀行とかと違って能力不足で即クビを切られるなんてことはまずないですから、入社してから頑張って英会話を勉強すればいいんです。

しかも、業務で使う英会話はやはり会計用語とかの専門的なことなので、一度そういう会話のパターンを覚えてしまえば、結構早めに上達すると思います。

友人と色々とお喋りする場じゃないんですから、会計分野専門に英会話を頑張れば会社内では十分に通用しますし、学習量もそれほど多くはならないと思います。

USCPAに合格して未経験で監査法人に入ってキャリアを積むためには、「まずは面接を突破する」ということが大前提なので、多少大げさでも、英会話があまりできなくても、入ってから死ぬ気で追いつくぐらいの意気込みで「英会話は大丈夫です」的なアピールは聞かれたらどんどんしていってもいいんじゃないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ