会計士(USCPA)の転職・キャリアアップの事例。幅広い選択肢には夢がある

監査法人で働いていた時、結構頻繁に退職のお知らせがメールにて届くことがよくありました。

この業界、仕事柄キャリアアップに余念がない人たちが多いので数年経験を積んだら他社へ比較的好条件で転職をしていったりするのです。

中堅監査法人にいた時も、ビッグ4にいた時も色んな人が数年ほどで別の会社に旅立っていく様を見てきました(といっても、実際に見送ったりするわけじゃないですが)。

今回は、久しぶりの更新になりますがUSCPAを含む会計士の転職先について語っていきたいと思います。

一番多いのはやはり経理・財務職

やっぱり一番多い転職先は、経理や財務関係の職業ですね。

経理実務と会計監査の仕事はあくまでも「別物」というのが個人的な認識ですが、「密接につながっている」というのも会計監査をしていて強く感じました。

経理の仕事は、「一から積み上げて決算書を作成していく」のがメインになるのですがUSCPA含む会計士は「決算書を解体して分析・実証手続きをしていく」という経理とは逆方向へ進むようなイメージです。

厳密には、試算表から紐解いていくことになるのですがとにかく会計監査はやはり経理のステップを知識としてしっかりと理解していないといけないのである程度の実務の流れは把握しています。

そのため、全体を見れる経理担当者・もしくは管理職的なポジションで事業会社に転職していくという人が結構いました。

結構な年数を重ねているベテランの人になるとベンチャー企業のCFOになったり、外資系ならコントローラーとして就任するパターンもありました。

監査をずっとやっていると、今度は違う視点で会計に関わりたくなってくるらしいです。

内部監査や外資系投資銀行など金融機関も多い

上記の経理・財務は定番として、絵に描いたようなキャリアアップとしては「監査法人数年勤務→外資系投資銀行のIBD」というのもありました。

大手監査法人に居た頃は金融部に所属していたこともあって、金融業界に転職をしていく人たちもちらほらと見かけました。

外資系投資銀行のIBD(M&A業務)なんて、金融業界の「ザ・花形」なんで収入としては相当な好条件なのは容易に想像がつくのです。

中堅監査法人時代でも、証券会社に転職していく人もいたのでこれまた「会計と金融は密接な関係がある」ということでしょう。

また金融機関に行く人は、それまでの会計監査経験を活かして内部監査部門に行く人も多かったです。

投資銀行などの金融機関では、M&Aのアドバイザリー業務などで企業価値を算定することも多いので「財務諸表周りの知識・経験」がものをいうので当然といえば当然ですね。

このように、監査法人で働いていると将来的なキャリアには相当な幅が広がります。

経理がない会社って、ほとんどないですし内部監査部門も必要不可欠な時代になっています。

銀行や証券会社でも、会計士出身というケースは頻繁に見られます。

そういう意味で、監査法人経験者は仕事の数だけでなく職種の幅もあるので転職市場で恵まれた存在になっていると個人的な経験から感じています。

また、監査法人を辞めて独立して数人の仲間と起業するという人もいました。

転職の経路について

ところで、こういった転職先はみんなどうやって探しているのか気になったことはないでしょうか。

結論から言うと、ほとんどの人が転職エージェントを経由して監査法人を卒業していきます。

かくいう自分も、転職の際はMS-Japanという転職エージェントを経由して中堅監査法人からビッグ4に潜り込みました。

会計士の転職サイトとしては、日本で最大規模のようなので自分も利用したのですが他の転職をしていった人たちもやはり「MS-Japan」と口をそろえて言っていたのを記憶しています。

経理や財務、金融機関をメインとしてなんでもありなわけです(USCPA案件も相当多いです)。

会計士の場合は、専門職だけに転職エージェントだけが案件を持っているというケースも多いんですよね。

ここの有用性は肌で感じているので後日詳しく書きますが、今後のキャリアについてどうしようかと思っている人にとってはオススメです(未経験可の案件も結構あります)。

“会計士(USCPA)の転職・キャリアアップの事例。幅広い選択肢には夢がある” への7件のフィードバック

  1. まさ より:

    こんにちは!
    ぼくは今年8月のjcpa二次試験を控えた受験生なのですが、勉強を始めたきっかけがバンカーになりたくて、就活で新卒会計士合格者なら少しは有利になるかなと思って始めました。
    外銀に入るためには新卒の方がいいのか、それとも監査法人で経験を積んでから転職した方がいいのかなと思って情報をあつめています。
    金融業者から会計士のニーズってけっこうあるもんなんですか?

    • kazuni より:

      コメントありがとうございます。
      すでに短答は合格しているのですね、それでしたらご質問の内容もしっくりきますね(^^)

      まず、おそらくまささんが想像している外銀というのはM&Aアドバイザリーなどの投資銀行業務をやっている証券会社のことでしょう。
      投資銀行(外銀)に入るには、昔は中途だけだったのですが今では新卒でも中途でも有利不利の差はないのでどちらからでもいいでしょう。

      で、もし公認会計士2次試験が受かればこれは相当新卒での投資銀行就職に大きく有利になります。
      司法試験を在学中に受かって外銀にそのまま行く人もいるので、やはり難関資格を在学中に制したというポテンシャルの高さが大きく金融機関側に評価されるのは間違いないですね。
      ただ、新卒では外銀はなんといっても学歴重視なので東大・京大もしくは早慶が最低ラインになるという話も聞いたことがあるのでそれらレベルの大学でなければ中途採用を狙った方が良いかなと思います。
      投資銀行業務では、公認会計士として監査法人での経験はかなり評価されます。
      なので、監査法人で一旦会計の基礎を身につけてから外資系投資銀行への転職活動をするのは全然ありです。
      実際、友人や自分も周りにも会計士から外資系投資銀行の花形部門に転職した例も比較的多かったです。

      なので、まささんの学歴が上記のレベルぐらいなら論文試験も合格したら新卒で応募する価値はあります。
      そうでなければ、しばらく監査法人で数年経験を積んでからでもかなり金融機関からのニーズはあります。

      • まさ より:

        詳しくアドバイス下さりありがとうございます。
        学歴はおそらく問題ないと思うのですが、それよりも、監査法人でのキャリアの価値がそれほど大きい物なのだと改めて感じさせられました。なので監査法人の金融部門で働いてみるのも悪くないのかなと思い始めてきました。

        でも監査法人も昔と少々異なり、サラリーマン化してパートナーを目指す方が増えていると伺ったことがあるため、競争が激しい世界になるとは思いますが、投資銀行等に入社してもそれは同じだと思うので頑張らなきゃと思います。
        もし監査法人就職で金融ならトーマツがいいとは伺っていますが合格してから再度質問させていただきたいと思っています…

        お忙しい中質問に答えていただきありがとうございました。
        受験勉強の合間などにブログを楽しみに拝見させていただきたいです^^
        これからもよろしくお願いします。

  2. いくら より:

    こんにちは、現在イギリスの大学でビジネスを学んでいる大学4年生です。留学の途中で監査法人のアドバイザリーやコンサルティングに興味がでました。その過程でUSCPAを知り受けたいと考えているのですが、最大のメリットは何でしょうか?BIG4監査法人の方とお話しした時はなくても大丈夫と言われましたが、その程度の資格なのでしょうか?ちなみに私は5年卒業のため1年就活が長引き(2019卒)その点においてもその1年をUSCPAの取得にあてるのは妥当だと考えています。
    また監査法人は学歴等は重視されるのでしょうか?

    • かずにい より:

      コメントありがとうございます。

      監査法人は、一般の事業会社と違って学歴はほとんど重視されません。
      東大やハーバードなど、一部の超名門大学なら「おお!」という感じで有利に働きますが少なくとも学歴で不利になることはないです。
      日本の大学生の場合、一番重要視されるのは「会計士試験に合格しているかどうか」がすべてなので。

      現在はイギリスの大学在学中とのことなので、「海外大卒+USCPA」というのはものすごく相性の良い合わせ技みたいなものなので就職や転職のアピール材料としてものすごく有利に働きます。
      確かに、海外大卒の人には監査法人の採用側は語学力を最重要視しているのでUSCPAはなくてもいいというのはその通りです。
      ただ、受験資格などの関係もありUSCPAを在学中に受験して合格する人がまずいないという事情もあります。
      僕も海外の大学出身なので就職事情はよくわかりますが、監査法人に入るには「とにかく成績と語学力」というのが留学生に対するニーズなのでUSCPAを在学中に受験する人もまずいないです。

      逆に言うと、あればものすごく有利になりますし科目合格でも履歴書に書いてあるだけでかなり採用担当者の目を惹きます(周りの学生で受験している人がいないので)。
      USCPA取得の最大のメリットは、監査法人就職の最大のアピールにもなりますし転職市場でも監査法人出身者はほぼ必須となります。
      監査でなく、アドバイザリーやコンサルティングなら「入社時点ではなくてもいい」ですがいずれにせよ入社してから数年以内には取得して当たり前になるのでBIG4に入るのであれば就職からその後のキャリア形成まで確実にある方がいいですね。
      部門の違いはあれど、「監査法人で数年の経験+海外大卒+USCPA保有者」はその後の転職に困ることがないというのが一番大きいと思います。

  3. いくら より:

    丁寧なコメントありがとうございます。非常に参考になりました。
    USCPAは無駄な資格ではないということが確認できて良かったです。
    ライセンスに関してなのですが、私は全科目合格できればよいと考えていたのですが、予備校の面談ではライセンスは必要と言われました。
    かずにいさんはライセンスは取得しましたか?
    名刺に書くというだけではいまいちメリットが理解できないのですが、そのことに関してはどうでしょうか?
    また各州の規定は突然変更されたりもするし、ライセンスを取るという合意がないと数年で科目合格が抹消される可能性もあると言われました。

    • かずにい より:

      予備校の方はどの段階でライセンスが必要と言っていたのかはわかりませんが、監査法人に入社する段階では全く必要ありません。
      USCPAで評価されたいのなら、合格しているかどうかなのです。
      ただ、合格してから監査法人である程度(2~3年)実務経験を積んだ段階になると、「ライセンス登録はほぼ必須」となってきます。
      転職の際も、監査法人の実務経験があってライセンスがないというのは「?」となる可能性があります。
      ある程度経験を積んだ人なら、資格保有者となっていて当然とみなすのだと思います。

      ちなみに、僕の場合はライセンスは監査法人に入所して1年後くらいに登録しました。
      確かにUSCPAのライセンス自体は、アメリカで開業するための免許なのでほぼ意味がないのですが日本で働く場合は上記の理由もあると思いますし自分が会計士であるという自己満足感を得たかったので(笑)

      ライセンスは登録する際や3年ごとに更新が必要になってきますが、監査法人にいれば諸費用は全額法人負担ですし取得すること自体は簡単ですよ。
      監査法人以外では、業務内容によるので会社負担してもらえるかどうかわかりませんがライセンスは維持した方がいいと思います。

kazuni にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ