監査法人で働いていた時、結構頻繁に退職のお知らせがメールにて届くことがよくありました。

この業界、仕事柄キャリアアップに余念がない人たちが多いので数年経験を積んだら他社へ比較的好条件で転職をしていったりするのです。

中堅監査法人にいた時も、ビッグ4にいた時も色んな人が数年ほどで別の会社に旅立っていく様を見てきました(といっても、実際に見送ったりするわけじゃないですが)。

今回は、久しぶりの更新になりますがUSCPAを含む会計士の転職先について語っていきたいと思います。

一番多いのはやはり経理・財務職

やっぱり一番多い転職先は、経理や財務関係の職業ですね。

経理実務と会計監査の仕事はあくまでも「別物」というのが個人的な認識ですが、「密接につながっている」というのも会計監査をしていて強く感じました。

経理の仕事は、「一から積み上げて決算書を作成していく」のがメインになるのですがUSCPA含む会計士は「決算書を解体して分析・実証手続きをしていく」という経理とは逆方向へ進むようなイメージです。

厳密には、試算表から紐解いていくことになるのですがとにかく会計監査はやはり経理のステップを知識としてしっかりと理解していないといけないのである程度の実務の流れは把握しています。

そのため、全体を見れる経理担当者・もしくは管理職的なポジションで事業会社に転職していくという人が結構いました。

結構な年数を重ねているベテランの人になるとベンチャー企業のCFOになったり、外資系ならコントローラーとして就任するパターンもありました。

監査をずっとやっていると、今度は違う視点で会計に関わりたくなってくるらしいです。

内部監査や外資系投資銀行など金融機関も多い

上記の経理・財務は定番として、絵に描いたようなキャリアアップとしては「監査法人数年勤務→外資系投資銀行のIBD」というのもありました。

大手監査法人に居た頃は金融部に所属していたこともあって、金融業界に転職をしていく人たちもちらほらと見かけました。

外資系投資銀行のIBD(M&A業務)なんて、金融業界の「ザ・花形」なんで収入としては相当な好条件なのは容易に想像がつくのです。

中堅監査法人時代でも、証券会社に転職していく人もいたのでこれまた「会計と金融は密接な関係がある」ということでしょう。

また金融機関に行く人は、それまでの会計監査経験を活かして内部監査部門に行く人も多かったです。

投資銀行などの金融機関では、M&Aのアドバイザリー業務などで企業価値を算定することも多いので「財務諸表周りの知識・経験」がものをいうので当然といえば当然ですね。

このように、監査法人で働いていると将来的なキャリアには相当な幅が広がります。

経理がない会社って、ほとんどないですし内部監査部門も必要不可欠な時代になっています。

銀行や証券会社でも、会計士出身というケースは頻繁に見られます。

そういう意味で、監査法人経験者は仕事の数だけでなく職種の幅もあるので転職市場で恵まれた存在になっていると個人的な経験から感じています。

また、監査法人を辞めて独立して数人の仲間と起業するという人もいました。

転職の経路について

ところで、こういった転職先はみんなどうやって探しているのか気になったことはないでしょうか。

結論から言うと、ほとんどの人が転職エージェントを経由して監査法人を卒業していきます。

かくいう自分も、転職の際はMS-Japanという転職エージェントを経由して中堅監査法人からビッグ4に潜り込みました。

会計士の転職サイトとしては、日本で最大規模のようなので自分も利用したのですが他の転職をしていった人たちもやはり「MS-Japan」と口をそろえて言っていたのを記憶しています。

経理や財務、金融機関をメインとしてなんでもありなわけです(USCPA案件も相当多いです)。

会計士の場合は、専門職だけに転職エージェントだけが案件を持っているというケースも多いんですよね。

ここの有用性は肌で感じているので後日詳しく書きますが、今後のキャリアについてどうしようかと思っている人にとってはオススメです(未経験可の案件も結構あります)。