前回、監査法人退職のことについて書いてから1年以上が過ぎましたが今自分がやっている事業が比較的軌道に載ってきて安定してきたので不定期ではありますがこのブログもまたちょくちょく更新していきたいなと思います。

以前に、このブログでは「USCPAの勉強方法や転職活動など重要なことはほぼ伝えたと思う」なんて言いましたがちょっとそれは思い上がりでした。

すでに現役を退いてますが、USCPAの勉強時代の話や転職活動、監査法人での仕事の話などよくよく考えるとまだまだいっぱい伝えたいことがあるなと時間が経って思ったのでまたできる限り毎回テーマを持って有益な経験談や情報をお伝えしたいと思います。

ちなみに、僕のこの1年でUSCPA関連で動きがあったことと言えば・・ライセンスを更新したことぐらいです。

UCSPAに合格して、1年ほどの実務経験を積むと州によっても違いますがライセンスを取得できます。

とはいって、あくまでもアメリカのライセンスなので日本で働く人にとってはライセンスの有無自体はあまり関係ないんですけどね。

僕は最初、ヴァーモント州で出願して合格して、その後はワシントン州に合格実績をトランファーしたので現在のライセンスはワシントン州です。

ワシントン州は実務経験の条件も緩いのでライセンスホルダーの人の多くはワシントン州ではないでしょうか。

なので、このライセンスを持っていることのメリットは「ワシントン州で会計事務所を立ち上げることができる」というまさにいらないメリットがあります。

そうは言っても、やはりUSCPAのライセンスはせっかく取得したので今後も3年に一度更新期限が訪れますけどちゃんと高い更新料を払ってライセンスは保持したいと思います。

そんなわけで、ちょっと話がそれちゃいましたが最近のUSCPAの試験事情なども多少変化したきたりといったこともあるのでまた色々と経験談を交えながら情報発信していきたいと思います。

ブログの趣旨は、以前と変わらず「USCPA試験の話」「合格後の転職活動の話」「監査法人の仕事内容」という3本柱で主にお送りしていきますのでお暇があったらさらっと眺めてもらえればと思います。