監査の仕事は基本アサインベースなので、クライアント毎に職場が変わるわけですよ。

基本的にはクライアントの会社にお邪魔して、専用の監査室を用意してもらったり会議室等を一定期間借りてそこで監査業務をするわけです。

で、人によってそれぞれですが、多くのケースでは2つか3つのクライアントをメインにアサインされて、そのメインのクライアントの監査業務が落ち着いてる時期だと、突発的に数日とか、もしくは1日だけとか色んなクライアントに行ったりすることがあるわけです。

1~2年目の新人は特に色んなクライアントに行かされるケースが多いですね。

年次が段々上がってくると担当クライアントが固定される傾向があるので、あまり多くの場所に行くことはなくなってきます。
そんな仕事のスタイルなので、色んな場所でご飯が食べられるわけです。

食べるのが好きな自分にとっては、お昼が楽しみなわけで食べるお店がマンネリ化せずにいつも新鮮な気分でお昼を食べる所を開拓したりするわけです。

なので、事業会社に勤めている人たちよりかは、監査法人で働いている人の方が色んなお店を知っていると思いますよ。

また、ある程度規模の大きな会社って社食がついてるじゃないですか。

自分たちもそういう会社の監査に行くと、クライアントの方たちと同様に社食を利用させてもらえたりするのが嬉しいんですよね。

監査法人の事務所には当然社食なんかありませんからね(笑)

中堅監査法人時代なんかは、色々なクライアント先に行ったので結構東京に詳しくなりました(笑)

中でも社食が使えるクライアントにアサインされた週は毎日お昼が待ち遠しくて仕方がないのです。

そして実感するのは、「社食って最高だな~」ってことです。

だって、350円とかで美味しいランチセットとかが食べられたりするんですよ!

それこそ450円で重箱に豪華に盛り付けされたランチセットなんかもあったりして、サラリーマンには大変ありがたいのです。

しかも自分が利用していたところは美味かったし(^^)

なので、色んなお店を開拓して外食したり社食が食べれたりするのは監査法人の醍醐味と言っても過言ではないです。

ただ、今の法人に転職してからはほとんど1社に完全にクライアントが固定されているので、もうお昼が若干マンネリ化してきてますけど・・(笑)