USCPAで監査法人に転職するには英会話力は必須?

USCPAに苦労して合格した後は、監査法人へ転職を希望する人は多いと思います。

そういった中で、USCPAで監査法人に転職または就職をする際は英会話スキルがビジネスレベルであることが絶対条件なのでしょうか?

これは、結論から言うと「必須ではない」です。

英会話力については監査法人へ応募の際の「絶対条件」ではなく、あくまでも「あるととても望ましいスキル」だと個人的には捉えています。

ちなみに、ここで自分のいう英語力というのは、「会話能力」のことです。

英語のスキルは、読解能力、作文能力、スピーキング能力、リスニング能力の4つを総合して一般的には「英語力」として認識していると思います。

「全く英語が読めませ~ん、書けませ~ん」という人は論外ですが、USCPAに合格している人は少なくとも英文の読解能力や英文作成能力はある程度備わっているので、全く英語ができない人というのはいないと思います。

しかしながら、監査法人側がUSCPAを採用するメリットってなんでしょう?

それは、USCPAに合格する過程で培った英語力が求められるんじゃないでしょうか。

その「英語力」には読解や作文はもちろん、会話能力も期待されています。

事実、未経験で中堅監査法人へ転職した際は英語面接で会話能力を試されましたし、入社後は外国人との共同監査業務を行なったり、通訳的なこともやらされたりしたので監査法人側がUSCPAに対して「英会話能力」を大きく求めていることは間違いないと思います。

考えてみてください。

監査法人側がUSCPAに対して、会計知識のみを求めて積極的に採用すると思いますか?

会計知識だけなら、遥かに難関な日本の会計士試験に合格した人たちを採用した方がいいに決まってると思います。

USCPAは米国基準会計や一部IFRSの知識が身につくので、JCPAの知識とは若干の違いはありますが、それでもJCPAに比べて浅い会計知識のみのためにわざわざUSCPAを積極的に採用するとは思えません。

やはり、監査法人が我々USCPAに求めているのは、JCPAにはない英文会計の知識と、英会話も含めた英語力をセットで期待されているわけです。

Big4へ転職した際も、面接してくれた部門パートナーからは、「海外とのやりとりや英文資料等の理解などで監査チームに貢献して欲しい」と言われました。

そして実際に現在は、海外のメンバーファームと主にメールでやりとりをしたり、たまに電話で話すこともあります。

また、米国基準で監査をするにあたって、クライアントから入手した資料が大量の英文だったりすることも頻繁にあるので、そういう場面では自分たちUSCPAに業務が割り当てられたりします。

なので、監査法人への転職には英会話能力は「必須条件」ではないですけど、ほとんど必須条件に近いくらいの位置づけで募集をしているところもあったりします。

ただ一方で、現在勤務している法人では英語力の活用を期待されて入社したにも関わらず、ほとんど英会話はしていない状態でもあります。
海外とのやりとりは時差があるため基本的にはメールで済ませますし、電話で話すのなんかも年に1~2回くらいしかないです。

なので、USCPAに求められる英語力としては、個人的な感覚では「英文読解能力」と「英文作成能力」の2つは絶対必須だと思いますが、英会話がほとんどできなくても業務はちゃんと遂行できちゃったりします。

まあ、これはどの程度の英語力を求めるかは法人次第と言ってしまえばそれまでですが。

そんなわけでなので、まとめると「USCPAに英文読解と英文作成能力は必須だが、英会話力に関しては法人にもよるが必須ではなく歓迎要件」。

こんなところでしょうか。

読解と作文は、USCPAに合格する過程で自然に向上しているので問題ないですよね。

なので、英会話が全くできなくてもUSCPAとして監査法人に入れる可能性は十分あります。

実際、今の法人は英語面接はなかったですしね~。

後は、景気によるでしょうね。

また会計士が人手不足になったら、USCPA合格というだけで即採用の時代もやってくるかもしれませんね。

“USCPAで監査法人に転職するには英会話力は必須?” への2件のフィードバック

  1. 若造 より:

    以前USCPAでの就職にビジネスレベルの英会話が必要かと質問させていただいた者ですが、こんなに早く記事にしていただけるとは思っていませんでした。なるほど、必ずしも英会話能力は必須というわけではないのですね。今回の記事と一つ前の記事がまさに知りたい情報だったので非常にありがたいです。また読みやすい記事をありがとうございました。これからも応援していきたいと思います。

  2. かずにい より:

    若造さん
    少しでも参考になれて幸いです。
    ご質問いただいた内容のおかげで記事のネタになったので、逆に感謝です!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ