JCPAがUSCPAに合格するのは楽勝

たまに職場で、日本と米国の両方の会計士資格を持っているダブルライセンスの人がいたりします。

うちは金融部ですけど、国際部だとダブルライセンスを持っている人はもっと多いんじゃないでしょうか。

日本の公認会計士試験合格者にとっては、英語という条件を除くとUSCPAは遥かに簡単な試験に感じるんじゃないでしょうか。

これは、JCPAに合格するための所要時間が3000~3500時間と言われてるのに対して、USCPAの場合は1000時間前後なことからも容易に推測できますね。

実際、自分はとても日本の複雑怪奇な会計士試験に受かる自信はありません。

簿記1級でさえも落ちたほどですから(笑)

一度、さらっと日本の会計士試験の過去問を眺めてみたことがありますけど、途中で吐きそうになって読むのを辞めました(笑)

それだけ、難易度に差があるということです。

なので、JCPAの人で英語の読解がある程度できる人ならば、200~300時間もあれば合格できちゃうんじゃないでしょうか。

あくまでも自分の感覚的な所要時間を想像しただけですが。

まず、FARは完全に日本の会計士試験の財務会計論や簿記1級に該当しますのでほぼノー勉強で楽勝な気がします。

日本基準と米国基準に多少の違いはあれど、ほとんど同じようなもんですからね。

次に、AUDも完全に日本の会計士試験の監査論にあたりますので、細かい知識を叩き込まれたJCPAならAUDのMultiple Choiceなどお手のものでしょう。

そして、BECも経営学や管理会計が出題されているので、JCPAで勉強したことがそのまま役にたつことも多いでしょう。

ただ、BECはWritten Communicationがあるので、それが少しやっかいかもしれませんね。

最後に、REGですが、これはBusiness LawとTaxの2つから成り立っているので、米国独自のルールはあると思いますけど、日本の会計士試験の税法と会社法・商法で問われる知識とベースは似ていると思うので、これも有利な状態で勉強ができると思います。

なので、JCPAの人はUSCPAの試験形態に慣れておくことと、Written CommunicationやSimulationの解き方等に慣れておけば十分じゃないでしょうか。

ただ、最初は日本と米国のダブルライセンスの人を見ると「すげ~」って思ってたんですけど、日本の会計士資格を持っていてある程度英語ができる

人にUSCPAって必要なのかな?とも思いことがあります。

米国基準会計を勉強するためにUSCPAを受験するんだったら、あまり意味はない気がします。

試験問題と実際の実務は、かけ離れてますからね~。

本当にUSGAAPを勉強したかったら、米国基準会計の実務ハンドブックでも読んだ方がはるかに勉強になります。

それに、JCPAに比べてUSCPAの浅い知識ではとても米国基準会計に詳しくなったなんて言えません。。。

そう考えると、USCPAも取得している人は「まあハクがつく気がするし、簡単だからとりあえず受けてみようかな」っていう感じで取得するんですかね~。

まあ、別の記事にも書きましたけど、USCPAの勉強はTOEICの勉強にもなるので、そういう意味では英語を勉強するための受験と考えたら合理的かもしれませんね。

USCPAにも受かって、TOEICの点数アップという一石二鳥を狙うのも悪くないかもしれないです。

一つ言えるのは、僕は日本の会計士試験を受ける気は200%ありえないということです(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ