USCPAの勉強には結局何が一番いいの?

USCPAの合格を目指して勉強を始めようと思ってる人は、まず最初に「独学」か「スクールに通う」かを決めることになると思います。

独学では無理そうと自分でそう感じたんなら、素直にスクールを利用した方がいいと思います。

スクールなら、おそらく選択肢は3つだと思います。

TACのUSCPA講座、アビタス、それにプロアクティブのUSCPA講座。

正直、通ったことがないのでどこの学校が一番いいのかはわかりません。

アビタスは独自のUSCPA教材を自社で開発して使用しているらしいですが、まあどこの学校で学ぶことになったとしても本人のやる気次第なので講義の内容にそこまで差はない気がしますが。

逆に自分のように「独学で行こう!」と決めた人。

そういう人たちが勉強を始めるにあたって一番考えるのは、「どこの教材を使えばいいのか?」だと思います。

この場合、選択肢は4つに絞られると思います。

Wiley、Bisk、Gleim、そしてBeckerです。

このどれかをメインに使ってひたすら合格に向けて勉強をすることになるでしょう。

「4つの中でどこが一番いいの?」

日本人の間ではWileyやBiskを利用する人が多いと聞きましたが、自分は学生時代はGleim、再チャレンジしたときはBeckerを使いました。

なので、個人的なおすすめはGleimかBeckerと言えばそうなんですが。。

ただ、結局どの教材を使っても、やることって一緒だと思うんですよね。

PC上にソフトウェアをインストールして、本番さながらの環境で演習問題をひたすら解いていく。

これはUSCPAに受かるためには絶対やることですよね。

そして、4つの教材のどれもだいたい1科目につき1500~1800問のMultiple ChoiceやSimulationの演習問題が用意されていると思います。

画面のレイアウトや解説の丁寧さなどの差は多少あれど、この演習問題を徹底的にやらなければUSCPA合格なんて話にならないです。

なので、結局どの教材を選んだとしても、自分が使いやすいな~と思えばそれでいいと思います。

なので、スクール派も独学派も、大量の問題演習をこなすことは避けられないので、どこのスクールを選ぼうが、どの教材で勉強しようが、あまり差はないんじゃないでしょうかね。

PC上で大量の演習問題を繰り返し解く。

何周も回して、解答を暗記してしまうまで解く(5週は最低回した方がいい)。

USCPA合格に向けては、この努力をちゃんとできるかどうかで明暗が分かれますので、あまりどこのスクールがいいとか、どの教材にしようかと

か、重く悩まなくてもいいと思います。

結局は勉強量、数をこなすことが一番重要なので。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ