USCPAが独学で可能かどうかは、色んなところで議論されてることだと思います。

日本の公認会計士試験の場合は独学はまず不可能なのでこういう議論になることはないでしょう。

しかし、USCPAは日本の会計士試験に比べると易しいため独学で合格している人も十分います。

現に、自分も学校等には一切通わずに独学で合格しました。

だからはっきりと言います。

USCPAは独学で合格できます!

ただし、そのためには一定の条件を満たしている必要があります。

その条件とは、

①簿記や会計について初歩的な知識がある。
②英語で問題を解くことにアレルギーがない。
③孤独に勉強することに耐えられる。

以上の条件を満たしていれば、費用を抑える意味でも独学で目指しましょう。

ただ、逆に言うと上記条件を満たしていないのであれば資格学校等に絶対に通うべきです。

ちなみに、自分の場合はみなさんご存知かと思いますが、有名な資格予備校のTACを利用して合格しました。

「え?独学なのにTACを利用したって矛盾してない?」

いえいえ、TACは利用しましたけど講座を受けていたわけではないのです。

TAC米国公認会計士講座には色んな種類がありまして、完全な初心者から学べるコースもあれば、上級者用のコースもあります。

その中でも、自分はBecker教材というコースに申し込みました。

このBecker教材コースは講義は一切なく、BeckerのテキストとPCで行うオンライン演習ソフト(1科目約1500問の練習問題+Simulation練習問題)が送られてくるだけなので完全に独学です。

ちなみに、BeckerとはUSCPAの受験勉強においてはアメリカ人の間では当たり前に使われている有名な教材でアメリカではUSCPAの勉強はBeckerで行うのがあたり前になっています。

日本ではWileyとかBisk等が有名らしいですが、WileyやBiskは解説が無駄に長いのと演習画面が試験本番とあまり似ていないというのもあって、自分は一番質がいいと言われているBeckerでひたすら独学していました。

後、Beckerは日本ではTAC経由でしか手に入らないので自分はTACを利用したわけです。

元々自分はアメリカの大学で初歩の会計クラスを受講していたこともあったので、自分が上記に挙げた独学可能な条件を満たしているため独学でやろうと思いました。

また、自分の性格として、スクールに行って授業を受けるいうのがあまり好きじゃないんですよね(^^;)

なんか、授業を受けただけで勉強した気になってしまうので。

そんなわけで、自分の勉強の仕方は非常にシンプルでした。

送られてきたBeckerのオンライン演習問題をひたすら解く。

ただ、これだけです。

分厚いテキストも送られてきますが、基本無視です(笑)

仕事が終わって家に帰ってきたら、PCを立ち上げて1科目1500問ほどあるmultiple choiceの練習問題を何周も回して解説もちゃんと読んで、問題をみたら答えがすぐに出るようになるくらい何度も練習問題を繰り返して解きました。

Simulationの練習問題も同様です。

USCPA試験は過去問の使い回しが結構あるので、Beckerの演習問題を繰り返し解いてると試験本番でも同じような問題がでることが結構あるので繰り返しやるのは効果抜群です。

これだけで、十分試験本番では合格レベルに持っていけます。

USCPA試験で重要なのは、どれだけの練習問題数をこなしたかだと思っています。

なので独学を目指す方は、とにかく演習問題を繰り返しやりましょう。

テキストはほぼ無視で大丈夫です(笑)