USCPAが独学で可能かどうかは、色んなところで議論されてることだと思います。

日本の公認会計士試験の場合は独学はまず不可能なのでこういう議論になることはないでしょう。

しかし、USCPAは日本の会計士試験に比べると易しいため独学で合格している人も十分います。

USCPAなら働きながらでも独学でもいけたが・・・

現に、自分も学校等には一切通わずに独学で合格しました。

だからはっきりと言います。

USCPAは独学で合格できます!

ただし、そのためには一定の条件を満たしている必要があります。

その条件とは、

①簿記や会計について初歩的な知識がある。
②英語で問題を解くことにアレルギーがない。
③孤独に勉強することに耐えられる。

以上の条件を満たしていれば、費用を抑える意味でも独学で目指しましょう。

ただ、逆に言うと上記条件を満たしていないのであれば資格学校等に絶対に通うべきです。

ちなみに、自分の場合はみなさんご存知かと思いますが、有名な資格予備校のTACを利用して合格しました。

「え?独学なのにTACを利用したって矛盾してない?」

いえいえ、TACは利用しましたけど講座を受けていたわけではないのです。

TAC米国公認会計士講座には色んな種類がありまして、完全な初心者から学べるコースもあれば、上級者用のコースもあります。

その中でも、自分はBecker教材というコースに申し込みました。

このBecker教材コースは講義は一切なく、BeckerのテキストとPCで行うオンライン演習ソフト(1科目約1500問の練習問題+Simulation練習問題)が送られてくるだけなので完全に独学です。

ちなみに、BeckerとはUSCPAの受験勉強においてはアメリカ人の間では当たり前に使われている有名な教材でアメリカではUSCPAの勉強はBeckerで行うのがあたり前になっています。

日本ではWileyとかBisk等が有名らしいですが、WileyやBiskは解説が無駄に長いのと演習画面が試験本番とあまり似ていないというのもあって、自分は一番質がいいと言われているBeckerでひたすら独学していました。

後、Beckerは日本ではTAC経由でしか手に入らないので自分はTACを利用したわけです。

元々自分はアメリカの大学で初歩の会計クラスを受講していたこともあったので、自分が上記に挙げた独学可能な条件を満たしているため独学でやろうと思いました。

また、自分の性格として、スクールに行って授業を受けるいうのがあまり好きじゃないんですよね(^^;)

なんか、授業を受けただけで勉強した気になってしまうので。

そんなわけで、自分の勉強の仕方は非常にシンプルでした。

送られてきたBeckerのオンライン演習問題をひたすら解く。

ただ、これだけです。

分厚いテキストも送られてきますが、基本無視です(笑)

仕事が終わって家に帰ってきたら、PCを立ち上げて1科目1500問ほどあるmultiple choiceの練習問題を何周も回して解説もちゃんと読んで、問題をみたら答えがすぐに出るようになるくらい何度も練習問題を繰り返して解きました。

Simulationの練習問題も同様です。

USCPA試験は過去問の使い回しが結構あるので、Beckerの演習問題を繰り返し解いてると試験本番でも同じような問題がでることが結構あるので繰り返しやるのは効果抜群です。

これだけで、十分試験本番では合格レベルに持っていけます。

USCPA試験で重要なのは、どれだけの練習問題数をこなしたかだと思っています。

なので独学を目指す方は、とにかく演習問題を繰り返しやりましょう。

テキストはほぼ無視で大丈夫です(笑)

独学よりも予備校にいった方が無難になってきた現在

以下は、最近のUSCPAの勉強の仕方について「上記の独学論も人による」という趣旨で追記しました(2018年3月)

上記では、過去に自分がほぼPC上の過去問だけを主に利用して独学で合格したので「独学の方がおススメだよ!」という論調に感じてしまっているかもしれません。

ただ、よく考えてみると自分は予備校に通ったり誰かに教わったことはないのですがその分独学をしている期間が実は長かったわけです。

合格した時に1年間勉強した時は、確かにTACのBeckerコースで大量のPC問題演習だけをほぼやりまくってなんとかなんとか全科目一発合格をしました(分厚いテキストも送られてきたが、1%くらいしか貢献していない)。

でも、自分の勉強歴ってそこだけじゃないんですよね。

合格した当時は、派遣社員として働きながら残業要望を99%断り家に帰って毎日勉強時間を確保していたのです。

でも、そもそも自分は大学にいた頃にもUSCPAを目指して勉強してたのです。

ただBECにはなんとか受かったはいいが、その後の3科目の壁が厚く感じてその後は就職活動が迫ってきたこともあって途中で挫折したんですよね・・・。

なので、大学にいた頃は2年生ぐらいの時からUSCPAというものに興味を持ち始めて受験要件を満たすための単位取得や出願手続きなどに忙殺されながも、2年くらいは学校の授業と宿題の合間にUSCPAの勉強をしていたんだよな~。

当時の勉強法は、上記でこそ「テキストなんかほぼいらない!PCの問題演習約5000問をやり込めば合格レベルにいく!」的な感じで書いてますよね。

でもよく考えると最初の方はやはり英語力がつたないので本屋に行って日本語と英語の両方で解説している分厚いテキストを買って訳が分からないながらも読み込んでましたね。

留学をしていた当時でしたが、それでもやはり会計の専門用語などは一旦日本語の本で解説してからでないと厳しいのではないかと思って購入したのですが欠点としてはそのテキストは書店で売っている中ではかなり論点を網羅しているということだったのですが出版年がだいぶ古かったんですよ。

恐らく、現在の時点ではもうどこの書店でも扱ってないような気がします。

で、その4科目ともその分厚い日本語解説の本をとりあえず読みつつ当時はGleimという演習ソフトでPCでの練習問題の山にぶつかっていました。

なので、自分の場合は・・・

学生時代の独学期間:約2年
派遣社員時代の独学期間:約1年

なので、派遣社員時代にもう一度USCPAに挑んでみようという時にはすでに受験手続や勉強方法の流れを把握している状態で独学していたので純粋な独学学習期間は3年もかかってしまっているということに。

なので、独学にこだわりすぎて自分のように総学習期間が長くなると時間や費用面的に「最初から予備校にいった方が不安も少なくてサポートもあるし、費用面ではそんなに変わらなくなるのではないか?」ということになるわけです。

特に、これからUSCPAを目指そうかもしくは目指すと決めた段階では受験要件を満たすための手続きや出願州の選定、それにまずUSCPA完全合格までのゴールをしっかりと描くのは難しいと思うわけですよ。

なので、自分の場合はかなり慣れた独学学習で2度目の挑戦で合格することができましたが留学もしていたし結構特殊な状況だったので独学がアリだったのかなと。

予備校に通っていた元同僚の人はJCPA受験からUSCPA受験に切り替えて約1年で合格していましたので、やはり「USCPAにこれから」という人には「予備校をまずは考えてみては?」と以前に言っていたことと違う考えがでてきました。

また、現在はBECにWritten Communication が含まれており他3科目もMultipleが50%でSimulationが50%と、段々独学でひたすら問題演習をやりまくればいいという状況とはちょっと逆方向に行ってるんですよね。

予備校に通っていればそれに対応するのは独学でやっているよりも素早く対応できますし、カリキュラムも新試験にしっかりと対応しているようです。

もちろん、「自分は英語や会計に自信があるので独学でもいけそう!」と思った人は独学でやってみてもいいと思います。

でも、「よほどの自信がある」ぐらいのレベルでなければ受験予備校を頼るというのが最短になっている最近のUSCPA受験事情な気がします。

予備校によってもUSCPAの場合は勉強面だけじゃなく手続き面でのサポートなど、それぞれ結構違ってきたりするのでUSCPAを受けて監査法人や会計関連の仕事につきたいと思っている人はまずは自分の心のうちを探ってみて予備校か独学で行くかどっちかというのを決めてみましょう。

まあ、USCPA予備校とは縁がなかった自分も最近の予備校の資料(パンフレット)を眺めてみると個人的には「おお!ここまでサービスがついてくるのか!」という意外な感じでしたので、独学と迷っている人が予備校がまずどんなサービスを提供しているのかを知った方がいいです。

まずは、敵の情報を丸裸にしなくては・・・ね!

「自分だったらどこの予備校に行く?」「パンフレットってどんな感じのものか」といった事は以下の記事で書いてますので参考までに。

USCPAの予備校を比較。おすすめ校は独学でも役に立つパンフレットに注目することで各校の力の入れ具合がわかる

【スポンサードリンク】