以前、とある事情で仕事とは全く関係ない某理事会を見学する機会がありました。

理事会では、理事長や副理事長、監事等の役割を持ってそれぞれの理事会メンバーが議題に沿って進行することになります。

その時は、結構理事会メンバー同士の議論が熱い感じになっていて結構目を見張るものがありました。

その際に、監事(監査役のような役割)の人が言った一言がとても印象的でした。

監事の人「私はみなさんを監査する立場です。あなたたちは監査される立場なのを覚えておいてください。

その時、自分が感じたのは「あ~、やっぱり監査する立場の人って自分を他の人に比べて上の存在だと勘違いしてるんだな~」と。

クライアントに対して会計監査していて、まるで自分たちが上の立場になったような気になってしまう人が結構いると感じています。

特に監査法人に入所したばかりの新人はその傾向が強いかもしれません。

難関の公認会計士試験に受かって監査法人に入所して、担当するクライアントが色々と手配してくれたり「先生」とか呼ばれたりすると自分が偉くなったと勘違いする人がたまに出て来るんです。

実際、そういう態度でクライアントに失礼なことをしてクライアントの方から「あの人を外してくれ!」というお怒りのクレームがきたこともあるという話を聞いたことがありました。

実は、自分も監査法人に入りたての頃はちょっとクライアントの方に失礼な資料の求め方をしてしまったことがあり反省したのを覚えています。

クライアントの方にはちゃんと通常業務もあるということを理解せず、「監査なんだから、こっちが要求した資料はすぐ出してもらって当然だろう」という気持ちが潜在的にあったのだと思います・・・。

その時は、ちょっと電話口でクライアントの方にやんわりと注意されてしまいハッとしたのを忘れません。

それ以来、監査法人とクライアントは対等の関係であるということをちゃんと認識しながら業務することを忘れていません。

むしろ、大手企業とかになると高い監査報酬をもらっているので「クライアントはお客様」という風潮が強い気がします。

実際、今のクライアントは結構規模が大きいので監査契約を失わないようにパートナーやその他上司もクライアントに対する接し方については口を酸っぱくして我々スタッフに指導しています。

会計監査は相手の会計処理の間違いや粉飾を指摘する役割のため、監査する側を上と思ってしまうのはある意味で自然のことだと思います。

しかし、実際には対等の立場です。

自分たち監査法人は警察でも検察でも国税庁でもないのです。

あくまでもクライアントの協力と同意なしには監査をすることができないのです。

強制的に何かをさせることなんてできないのです。

接待されたり、先生と呼ばれたり、クライアントにちょっとよくされたりすると少し勘違いしてしまいそうになりますが、そこは報酬をクライアントからもらっているという事実を忘れないようにしましょう。

かといって、必要以上にへりくだる必要もないです。

こちらは監査をして、その対価として報酬をもらうという対等な関係ですから、「お客様は神様」みたいな目線までは必要ないと思いますが監査クライアントも顧客であるという認識を持って監査業務にあたるべきですね。