インサイダーはダメ、絶対!

インサイダー取引」、この言葉を知らない人は今やほとんどいないですよね。

特にUSCPAを目指して監査法人への転職を狙っている人であればなおさらですね。

会計士は一番インサイダー取引ができてしまう存在であると言えます。

だって、公表前のクライアントの決算情報を自分たち監査法人が先に知るわけですからね。

なので、上場してる企業を担当してたら、簡単に公表前の決算情報を利用してお金儲けできます。

そして、簡単に逮捕されます(汗)

実際、数年に一度くらいのペースで会計士のインサイダー取引のニュース(大抵Big4の職員)を見ることがあるので、「会計士=インサイダー取引」という意識が自分の中で出来上がっています。

そのため、職業倫理の研修も多くインサイダー取引への警告は法人内でも本当に多いですね。

会計士という立場でインサイダー取引なんて、絶対にもろ監視対象のトップクラスとして君臨してるはずなのにやろうとする人がいるのがびっくりですよね。

でも、こういうインサイダー情報は故意ではなくてもうっかりと周りに漏らしてしまうケースも多いと思うので要注意なんですよね。

自分たちは監査業務を行っているので、決算情報を知る時期が普通の人たちより早いのが当たり前になってるもんだから、つい周りの人も知ってるもんだと思って口が滑ってしまうケースがあるという話を研修でききました。

確かに、自分も友人とかに「いや~、今年の売上は絶好調だな~」なんて監査中なのに自分の担当クライアントの業績が分かってしまうようなことを言いそうになる時があります(言ってはないですよ、実際!)。

なんとなく、自分がもう知ってるからそれが当たり前という意識になってきちゃうんですよね(汗)

特に日々の業務に忙殺されてると、まさに洗脳されてしまっているのでその当たり前の意識がより強くなってしまいます。

なので、研修とかでは故意のインサイダー取引はもちろんのことですけど、うっかりミスのインサイダー情報の漏えいに関して相当力を入れて警告をしています。

一番インサイダー取引をしてしまうリスクがある職業は会計士と証券マンじゃないでしょうかね。

そういう職業の人たちは完全に要注意監視対象になってると思うので、当然やったら速攻でバレますので意味のない犯罪になってしまうのは言うまでもありません。

なので、USCPAになって監査法人に入ると、まずはこの職業倫理から徹底的に叩きこまれます。

うっかりミスが本当に一番怖いので、そこは常日頃から仕事の話はなるべく周りにしない方が賢明ですね。

とにかくインサイダー取引は絶対ノーです!

“インサイダーはダメ、絶対!” への3件のフィードバック

  1. オレオ より:

    はじめまして。来年の論文合格を目指している会計士受験生です。
    さっそくですが、残業代ゼロ法案について少し質問があります。
    自分で調べた結果、気になったことなので正直的はずれな質問かもしれませんが、実際に大手で働いている人の意見を聞きたいと思い、コメントを残すことにしました。

    今の監査業界(中堅)は、専門業務型裁量労働制を採っていると思うのですが、残業代ゼロ法案が来年にも通り、仮にその適用範囲が監査業界(年収規定なし)にまで広がる場合、中堅や大手はこの制度を採用すると思いますか。

    当然、みなし残業代や深夜手当、休日手当までなくなるので
    僕個人の考えとしては採用しないと思います。
    ただ、大手がこの制度を盾に専門業務型裁量労働制を採用するのではないかと考えてしまいます。

  2. かずにい より:

    オレオさん

    こんばんは、はじめまして。
    残業代ゼロ法案、確かに最近話題になってますね。
    正直それを監査法人が適用するかどうかはパートナーの話し合い次第になるのでいちスタッフの自分では全くわかりません。
    ただ、個人的な考えでは残業代ゼロ法案が通った場合、少しでも経営が苦しい中小は採用する可能性が高いかもしれないですね。
    今でもすでに裁量労働制をとっている中堅監査法人も多いので力のある理事長の鶴の一声で法案に乗っかる可能性がありますね。
    大手はそれに比べるとまだ余裕があるため、まだ現状維持にの状態が続くのではないかと思います。
    まあ、残業代ゼロ法案なんか通ってしまったら残業代をモチベにしてる自分にとっては相当痛いですが・・・(汗)

  3. オレオ より:

    かずにいさん、お返事ありがとうございます。

    かずにいさんのブログの内容を見る限り、金融部なんかはどうやっても残業しなければいけないぐらいの仕事量だと思うので、同じ仕事量でも残業代が出ないとなるときついものがありますね。
    残業代つかない分を年収に上乗せして、年俸制みたいな感じにして年収が下がるのを防いでくれればまだいいんですけどね(笑)

    ただ、現段階ではまだ分からないことだらけなんで今後の動きに注目ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ