USCPAの試験のうち、FARは日本の会計士試験でいうところの「財務会計論」にあたる科目ですが、自分が一番苦手だった科目です(汗)

マジでこれを受験した時の手ごたえのなさと落ち込み具合は半端なかったですが、奇蹟的にギリギリ76点という幸運で合格した時は4科目の合格の中で一番嬉しかったと思います。

自分にとってはUSCPA全科目合格の一番の壁はこのFARだと思って受験していましたから。

しかし、この自分が苦労して受かったFARと言えども、日本の簿記1級の商業簿記セクションに比べたら簡単なんですよね・・。

日本の簿記1級って、どれだけすごいんだって感じですよね。

実際に自分は簿記2級に受かった後、簿記1級にもチャレンジしましたがほとんど歯が立たずに玉砕しました(汗)

FARはもちろん簿記のような計算だけではなく、財務諸表論といった理論問題も出題されますが、やはり簿記が基本となってくるのは間違いないです。

なので、簿記1級に受かっている人にとってはFARは英語力がほとんどなくても100時間ぐらいの勉強で合格できるんじゃないかと思ってしまうほどです。

FARと簿記2級、そして簿記1級を受験した自分の経験から言うとやはり「簿記2級が少し難しくなった」くらいの難易度だと思っています。

なので、簿記1級を受かっている人にはとても尊敬の念を感じてしまいます。

そしてさらに、それよりはるかに難しい日本の会計士試験の財務会計論をパスした人の簿記のレベルはどれだけ高いのかと思い知らされますね。

逆に言うと、計算問題が得意な人にとってはUSCPAのFARで出題される簿記レベルはそんなに大したことではないと思うので、英語力のハンデがある人にとっては持ってこいの科目ともいえます。

自分は数学や計算問題が苦手な性格だったのでこの科目には本当に苦労しましたけど、逆にこの科目で80点以上の高得点をとって合格する人が多いのも事実なのでやはり多くの日本人にとってはこのFARが一番取り組みやすい科目なのかな~なんて思ったりもします。

自分の科目毎の難易度との認識がだいぶ異なってきますね(笑)

AUDとBECが自分の得意科目でしたからね~。

計算問題ほとんどない、ただ暗記するだけが中心の科目の方が自分には合ってたんですね。

ただ、実際の実務になると簿記が得意な人こそが日々の業務で力を発揮するので、合格後のことも考えたとしたらこのFARを得意科目に仕立て上げるのが一番理想ですね。

まあ、自分もそうでしたが受験勉強しているときは合格後の実務のことなんかまったく考えてる余裕はないですけどね(笑)

とにかく合格しないと話にならないので、それだけに向かって勉強してましたからね。

FAR、きっと今また受験しても2度と受からないだろうな~(笑)