ここが変だよ日本の会計事務所!?

日本で会計士として働く場合、90%以上の人たち(10%はUSCPA等)は日本の会計士試験にまず受かってから監査法人や税理士法人、または個人の会計事務所に入社するというのが当たり前の制度となっています。

医者や弁護士、公認会計士等は難関資格に合格するぐらいのレベルの知識を持たなければプロとして仕事を行わせないというのが日本での考え方なんでしょうね。

でも同じ会計事務所でも、国によって入所条件や給与水準、入所後の競争の激しさ等が異なってくることをアメリカに留学をしているときに初めて知りました。

アメリカでは、驚くことにUSCPAに合格をしてから会計事務所に入所する人はほとんどいないのです。

USCPAは「基本的な必要最低限な知識を身につけているかどうかを確認する試験」という位置づけなので、難関資格として候補者をふるいにかける試験ではないことがそもそも日本の会計士試験と異なってきます。

なので、アメリカの会計事務所は入社するのにUSCPAの合格を必須条件とはしていません。

「じゃあ、アメリカの会計事務所は何を基準に採用しているのか?」

それは、大学の成績です。

日本では大学の成績なんかは監査法人に限らず就職の際にほとんど重要視されないという話を聞きます。

ただ、アメリカの場合はどの企業も大学の成績(アメリカではGPA)、それも特に自分の専攻している分野の成績が入社の際に重視されます。

なので、会計事務所では大学で会計学を専攻していることがほぼ必須条件となります。

さらに、成績も優秀であればもうBig4からは完全に引っ張りだこ状態なのです。

USCPAに合格しているかなんてのは、ほとんど重要視されません。

アメリカの会計事務所では、会計学を専攻している成績優秀な学生を積極的に採用し、USCPAに関しては入社してから3年以内に自分のペースで受験して合格することが求められる程度です。

日本とアメリカの採用基準は上記のように大きく異なってくるわけですね。

また、アメリカの会計事務所は入社後の給与や待遇も日本の監査法人とは大きく異なってきます。

最近になって日本でも公認会計士の数は増加傾向にありますが、アメリカの公認会計士の数は日本よりもはるかに多いです。

これが何を意味するのか?

これは、アメリカの会計事務所は日本に比べて採用人数が多い傾向があります。

さすが自由の国アメリカですね。

多くの人にチャンスを与える国・・・とだけ思っていたらそこは違います。

採用人数が多いということは、会計事務所で働けるチャンスが日本よりも多いわけですが、逆に給与水準が日本の監査法人よりも低いのです。

さらに、日本の監査法人のように一旦入れば強制的にリストラになるようなことはあまりないほぼ安泰な状態とは違って、能力主義でバッサリとできない人は排除されます。

ようするに、アメリカの場合は会計事務所で経験を積めるチャンスは多いかわりに、給与が日本に比べて劣るのと同時に入社後も競争が激しいわけです。

働かしてみないとわからない」という感じでアメリカの会計事務所はとりあえず最低限の知識を持った人たちをどんどん入社させて、仕事させながら選抜していくというわけですね。

そんなわけで、日本とアメリカの会計事務所では採用方針も、入社後の待遇も全く異なってくるわけです。

会計事務所で働きたい人たちにとっては一体どっちの方が好ましいのでしょうか?

これは、人によりけりですよね~。

日本は、難関の会計士試験に合格しないと入社できないという厳しい入社前の選抜がありますが、一旦入ってしまえばよほどのことでないとクビにはなりませんし、比較的高給取りで安泰な生活を送れます。

それに対して、アメリカでは給与水準が日本に比べると低くて入社後のリストラや選抜も激しいですが、多くの人に入社するチャンスが与えられるため、とにかく会計事務所で経験を積みたい人にとってはありがたいシステムでもあると思います。

みなさんは一体どっちのシステムがお好みでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ