USCPAは監査法人転職への最高のパスポートなんでしょうか?

答えは、ノーです。

USCPAに合格しているという事実だけでは、監査業務未経験で監査法人への転職はタイミングによりけりといったところでしょう。

USCPAに合格しているというのは、あくまでも監査法人へ転職するための前提条件であり持ってて当たり前のものです。

だから、よく言われるのは「USCPAに合格しただけじゃ未経験での転職は厳しい」という声です。

ただ、これは自分は同意しません。

自分は上記では「タイミングによりけり」と言いました。

これは、転職活動をするその年によるということです。

言い換えれば、その年が運良くUSCPA合格者にとって売り手市場ならば、それ以外にアピールする材料がなくても十分監査法人の内定が取れます。

この業界、ホントに極端で2~3年前までは冬の時代とか言われててUSCPAホルダーだけの採用なんてまずないみたいな雰囲気だったんですけど、去年あたりからは売り手市場にかわり、Big4はどこも人手不足になっています。

自分もそれにあやかったので(笑)

Big4のある一つは、人手が足りなすぎてリーマンショック後に退職させた人員を嘱託契約として再度雇ったという話も聞きました(笑)

とにかくまあ、USCPAだけでは転職は難しいという声は半分正解で半分は不正解だと思ってます。

とにかくJCPAの数が足りなかった2000年前後なんか、USCPA合格者を大量に採用してたらしいですからね。

ほとんどフリーパス状態で。

なので、USCPAだけでも未経験で監査法人への転職は、タイミングがよければできます。

もちろん、USCPA以外にもアピールする材料があれば採用が厳しい時代でも十分チャンスはでてきます。

そのプラスアルファの材料については、別の機会にお話したいと思います。